--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2014'10.30.Thu

すべてがFになる 2話

解決編でしたね。

もえちゃんは1話の最期に犯人に殺されそうになって終わりました。

マイナスの世界で、もえちゃんは必死に部屋を移動して、
パソコンで犀川先生にメールを送ります

たすけてなんとかけn(なんだっけ?大事なのはnです(?))

ちゃんとメアドも入力して送信を押せるもえちゃんなら、nをんとして打てたのではないかと思ったのは私だけなじゃいはず。
でも誰もきにしないな。

もえちゃんが殺されそうになって、もえちゃんにお願いされたため、犀川先生も推理をきちんとし始めた。

このとき、たくさんの犀川先生による会議が行われていた。
こういう表現をしていると、あのアニメを思い出しました。


グラスリップ

よく沖倉 駆クンが脳内会議だと思われることやってましたよね。
そして、終わりがよくわからなくてついつい検索してしまったアニメでもあります。


そして、犯人はわかるんですが、動機がわからない。

そのため、犀川先生は犯人にメールを送ります。(shika)

そうして犯人と対峙していくのですが・・・・。



もう原作の記憶もないので、犯人だれだっけって感じでした。
でもなぜかどうしても怪しい北先生。
なんかこの人はキャラがたってて覚えてるんですよね。
犯人だからか、犀川先生の唯一の友達みたいな感じだからか・・・・。
とか、変な方向から考えてしまいました。

すべてがFになる:公式サイト

犯人と屋上で対峙して、(以下ネタバレ含む)
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

すべてがFになるトラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

2014'10.22.Wed

すべてがFになる 1話

今日・・・もう夜中ですが。
始まりましたね!
最初にこのドラマ化を知った時は、びっくりしました。
もう森さんの本の映像化はないと勝手に思っていましたから。
ものすごく楽しみでした。




大分昔に読んだので、ほぼ内容は覚えていませんので、原作と違っても楽しめました。
実際は違ったのでしょうか?

犀川先生がやたらかっこよくて、イメージと違いました。
綾野剛君がやるんですから、そりゃまあかっこいいのは当たり前ですがね。

私のイメージする犀川先生はそこまでかっこよくないんだな~。

萌絵ちゃんはもっとお金持ちオーラが出てる女優さんかと思っていました。でもですぎない品がある感じ。
武井咲ちゃんは凛としすぎてて。

でも、okです。
原作とドラマは別物ですから。
綾野剛君と武井咲ちゃん、絵になりますし。

でもでもでも!
鵜飼警部と片桐警部?はなんか深夜のシュールバラエティ?見ている気分になりましたよ。
これからずっとそう思うんじゃないかと思うくらい。
特に鵜飼警部の戸次重幸さんが、私の中で完全に深夜番組のイメージで。

シリアスなのにいるだけでなんか笑えました。
慣れますかね・・。

ストーリーはおもしろかったです。
原作より、より親しみやすい作りでしたね。
自分は原作の雰囲気が大好きですが、これはこれで好きです。
次解決かな?次が楽しみです。

すべてがFになる:公式サイト

関連記事



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

すべてがFになるトラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。