--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2012'05.16.Wed

恋物語   西尾 維新





とりあえず、これで物語シリーズは終了なんだな~~
きっと、これは、なでこちゃんとの最終決戦なんだろうな~~

と思って読み始めました。

がしかし。

物語シリーズ、まだ続いてたーーーー!!!!!

次でファイナルシーズンだそうです。

私は、騙された気分でいっぱいでしたよ。
そして、西尾維新ならありえるとは思いましたけどね。
書いてほしいことはたくさんありますしね!
セカンドシーズン(でいいのか?)での新キャラとかな。
実際そのキャラのおはなしらしいしね。


恋物語

なでこちゃんが嫌いです。
でも、今回のこの本は、なでこちゃんと、もう一人、私の嫌いなやつ(完全なる悪役のおじさん)が出てくるのですが。
その人視点で書かれるので、
なんつーか・・・最後まで嫌いになりきれない・・・。

まーそうですよね。
悪人も視点を変えれば善人(とまではいえないけど)。

悪いものフィルターを遠し、悪意あるものがそのものを見れば、そいつは悪者ですもんね。
まーわかりますよ。

そんなわけで。
そいつのことも、なでこちゃんのことも、前ほどきらいじゃありません。
なでこは、やっぱり甘えすぎですけどね。
致しかたなくそうなったとしても、自分でなんとかしようとしろと、やっぱり思いますけどね。

なでこが一番人間味なくて、やっぱり好きにはなれません。


ひたぎ(代理人有)vsなでこ
のお話でした。

扇ちゃんの謎は深まるばかりでした。
これ、いづれわかるのだろうか。

あと、おじさんおじさん書いてるけど、でんしゅうです。
スポンサーサイト



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

西尾 維新トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

2012'03.31.Sat

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN 西尾 維新

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN
またも、一気に読んでしまいました。
一章一章がすごい短いんです・・・。
なので、次、次ーとついページをめくってしまいます。

主人公はDIO。
天国にいく方法を記すため?の日記をつけているその、日記がこの本らしいです。
なので、一章一章がすごく短いのです。
時系列としては3部のまっただなか。
そのことも記しているし、過去のことも書いている日記です。

3部から読んでいて、1部はちらっと見たことある程度で、2部はよんだことないのですが、
過去のことは、このあたりのことも記しているのでしょうか?
だとすれば、1部2部もちゃんと集めようかな~なんて思います。
小さい時(それでも、小学校中学年~高学年だと思う)に
一巻を親戚のうちでちょっと読んだときに、グロくて怖いなという印象を受けてしまってから
敬遠していたのですが、
もう、大丈夫なんじゃないかと思うんです。
なので、読もうかな~と
思える本でした。

けれど、
小説にしては、オリジナル部分が少ない気が・・・。
読んでいて、3部を懐かしく思えて、
もう一度読もうかな~と思ったり、
過去の部分が1部2部の踏襲なのかな~と思うわけだから、1部2部読んでみたいな~と思う。
違うのであれば、改めてないととは思う。
違うのであれば、3部から読んでいる私には、読むのをが早すぎたなと思う。
どうなのか知りたいけれど、それは、1部2部を読まないことにはわからないんですよね。

でも、この本の注目点。
それは、DIO視点ということ。

得体のしれないこいつが、何を思っていたのかとかは、
新しい発見(オリジナリティ)なのだと思う。

もっと深部まで書かれていたら、私にも楽しめたのかなあと。
浅い部分を掬っている感じで・・。

やっぱり、私にはDIO視点は早かったなあと、
そんな気がしています。

次は、ブギーポップシリーズで有名な
上遠野 浩平さんの恥知らずのパープルヘイズを予約しようと思います。
5部の完結後の話でフーゴが主人公らしいです。
楽しみ。






ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

西尾 維新トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

 |TOPNext
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。