--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2011'09.29.Thu

四畳半王国見聞録  森見登美彦



9月上旬読了。

なんというか、なんか一貫性のあるようでない話だった・・・・。
いまいちよくわからなかったが、森見さん作品好きなんで、雰囲気だけでもおもしろいと言える。
と言うか、今までの本を読んでいれば、これもあり。

一話一話の話が解決しないまま進む。
全ては阿呆神のせいなんだろう・・・。

そういう話。

なんか消化できなくてぬぅぅんと思うかもしれない。

これ以上はかけない。
スポンサーサイト



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

森見 登美彦トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

2010'11.17.Wed

ペンギンハイウェイ 森見登美彦

ちょっと前に読んだもの。



今までの森見さんの作品とはちょっと違うテイストのお話ですね。
宵山万華鏡あたりから、作風が変わったと思うんです。
世界が広がった感じ。

おもしろいです。

そんなわけでペンギンハイウェイは、
開拓中の町に住んでいる小学生が主人公。
この主人公が子供らしからぬヤツなんだけど、でも結局子供なんだなあという感じのヤツです。
生意気な小学生ということです。

その小学生が住んでいる町に突然ペンギンが現れて、何故現れたのか解明するお話。
いや、その小学生達がそのナゾのできごとについて研究するお話。かなあ。

現実と非現実が混ぜ合わさっていておもしろいお話です。

最後はちょっと悲しいんですけど。

おもしろいです。


ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

森見 登美彦トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。