カテゴリ:麒麟の翼 の記事一覧

|

--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2012'01.30.Mon

麒麟の翼

東野圭吾の
が原作の映画麒麟の翼

ドラマで新参者、赤い指の映画ですね。
映画のパンフで知ったのですが、加賀恭一郎シリーズがあるんですね。
東野圭吾は、秘密以来中身がわからない限り読めなくなってしまったので、全然知りませんでした。
秘密は、半分あたりで生理的に無理、これ以上は読めないということになってしまったので・・・。
中学生くらいだったからということもあるのかもしれないですけど。
どうも読むのを躊躇してしまう作家さんです。

でも、ガリレオより加賀さんの方がおもしろい。(ドラマとしてというか、阿部さんが好きだからか?)
と思います。
原作派の人はどうなんでしょう?
ドラマと原作は結構違うのでしょうか?
似たような感じだったのなら、一から読んでみたいです。
加賀恭一郎シリーズを。

さて。
この映画は、日本橋の翼のある麒麟像の前で、サラリーマンの青柳さんが刺されて倒れていた所から始まります。
そして、その周辺にいた不審者が、警察から逃げようとして、トラックに撥ねられ意識不明の重体になってしまいます。
その不審者の八島は青柳さんの鞄を持っていたことにより、容疑者として扱われていきます。

しかし、その真実は・・・・。

家族の絆を描いた作品でもあります。



観てみて、
ちょっと息が漏れる笑いが起こったりと、ドラマのようなコミカルさは健在で、おもしろいです。
加賀さんと松宮のかけあいは楽しいですね。
この事件はぱっと見八島が犯人になる要素ばかりが出てきます。
しかし、加賀さんは調べていくうちに彼らの足跡を見つけていきます。
そして、ストーリーは思わぬ所に向かっていきます。

そういう展開はとても面白いです。
シリアスとコミカルのバランスがよくて、ただのジメっとしたストーリーにはしていません。
そして、とても訴えかけるようなセリフが何個もあり、感銘を受けます。

相対的にはとてもいい映画でした。
ドラマを見ていた人も見ていなかった人も楽しめると思います。




でも、実はちょっとスッキリしない所も多々あります。
事件が起こって解決まで行った糸口は、もちろん足で稼ぐ捜査なんでしょうが、
かなりの低確率の偶然も多く、なんだかもやもやしてしまいます。

まあ映画ですからね。
えんたーてーめんとですからね。

でも、もやもやするんですよ。(↓ネタバレ)
スポンサーサイト



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

麒麟の翼トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。