カテゴリ:僕と妻の1778の物語 の記事一覧

|

--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2011'02.08.Tue

僕と妻の1778の物語

鑑賞2011/1/11?

僕の道シリーズは見続けていたので、これももちろん見たいというわけで
見てきました。
実はだんなさんにむかついていた時だったので、これがなかったら
もっと純粋に見れたのではないかと思います。
泣けますね。
最近見た映画の中では一番泣ける。
号泣は自分はないけど。
(映画館で号泣はタイタニックのみ。中学生の時みたし、感受性が豊かだったってより経験が浅いからストレートに伝わったんだろう。)
ハンカチは持っていったほうがいいと思う映画。
結構泣いている人がいたようなんで。

泣かせようとしている作りではない(と思う)所に好感がもてます。

たんたんと死に近づく妻と小説を書く夫の二人を描いているので、
話にスピード感が欲しい人はダレちゃうかも。
でも、そこがいいんですよね。
自分は超傍観者だなーと思いながら見てました。
自分がこうなったらとか、そういう風にはみなかった。
二人の物語をぼーっと見ているって感じ。(つまんないって意味ではなくて)
変に考えないで見れた映画。
映画みていると、結構余計なことを考えちゃうことがあるけど。
そういうことがなかった。
ってことは集中してたんだなって思う。

終わり方も、ここで終わりかと思った先まで描かれていたのが
泣けるところでした。
(先ってそんな先じゃないけど、自分の思ったところよりは先ってこと)
スポンサーサイト



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

僕と妻の1778の物語トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。