カテゴリ:図書館戦争 革命のつばさ の記事一覧

|

--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2012'06.22.Fri

図書館戦争 革命のつばさ

映画 図書館戦争 革命のつばさ 6/16に見てきました。

アニメでは図書館危機までやったので、この映画は↓の革命です。
図書館戦争シリーズ最終巻です。(別冊が2冊ありますが)



大分前に読んでいたので、最初がおぼろけでした。

原発危機 という本がテロ組織に手口として使われたのではないか。
ということが事の発端になり、
原作者への執筆の差し止め(表現が適切でないかも)をメディア良化委員会によって決定(?)し、
それを覆すために、図書隊が原作者の当麻先生の保護、そしてメディア良化委員会からの執筆差し止めの意義のため
裁判を起こす。

本の検閲だけではなく、執筆権の自由まで奪われてしまうのか・・・!

図書隊とメディア良化委員会との決着がつくお話です。



多分原作でも、原発危機という本がーと始まったんだろうと思います。
でも、さっぱり覚えていませんでした。
ただ、3.11のことがあり、原発に何かが起こるということに、敏感になっている自分がいました。
これがあったから?なんて最初は思ってしまいましたから・・。
でも敦賀原発が舞台とは。
読んでいた時に気付いていなかったんだろうなーと思います。


読んでいた時も似たような気持ちで読んでいたと思います。
この図書館戦争の本編は
アクションあり
ラブコメあり
謀略あり
いろんな要素が詰まったお話です。
なので、読んでいる時はかなりのめり込んで読んでしまうんです。

映画でもそうでした。
謀略のほうはあんまりなかったですが。
アクションはすごいです。

パンフにのっていたんですが
パトレーバー2のレイアウト方式?ってのを使っているんだとか。
パトレーバーって随分古いですよね。
でも、迫力のあるすごさがありました。
フルにCG使うものが多い世の中、そんな感じはしなかったけれども、
すごいよかったです。
そこだけCGとかだと浮くしね。。。

もうちょい、おにいちゃん(手塚)と柴崎のことも描かれてほしかったなー(ついでに手塚も)と。
本ではもうちょいいろいろあったような・・・。
文章だからそう思ったのかもだけど。

あと、有川さんの描く人物って、本当に元気をくれるんですよね。



別冊の映像化はどっちでもいいと思うんです。
ゲロ甘ラブコメですし。
いままでのイメージで読んでいると、甘すぎて卒倒しそうなくらいでしたもん。
ラブ要素がきついです(笑)
いや、否定的ではないですよ。
それはそれで好きですから!
スポンサーサイト



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

図書館戦争 革命のつばさトラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。