--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2011'06.28.Tue

マリアビートル 伊坂幸太郎

これは、

グラスホッパー


の続編です。
といっても、自分グラスホッパーの記憶は曖昧だったりしたんですけど、
マリアビートルは楽しめました。
マリアビートルを読んでいて、ああ聞いたことある人もいるなあと。
(多分)グラスホッパーを読んでいたときの記憶が少し蘇ってきました。
でも、内容は全然覚えてないんですけどね。
なんだか蒸し暑い。そういう記憶が蘇ってくるんです。
読んでいたときが夏だったのか、本の季節が夏だったのかはわかりませんが。
鯨とか押し屋とかね。
そういう人物が出ていたことは覚えています。






舞台は新幹線のはやて。
その中で業者(ヤバイ仕事を請け負う人達)と恐ろしい中学生と元業者のおじさんとが入り混じるお話です。
業者内でもあぶない奴の息子を生きて戻すことと、トランクを持ち帰ることを請け負う〈果物〉
ただたん新幹線に置いてあるトランクを持ち帰ることを請け負う〈天道虫〉
木村を脅して操る恐ろしい中学生〈王子〉
王子を殺すために新幹線に乗った〈木村〉
その他押し屋の〈槿〉

が出てきます。
あと前作の鈴木さんと。

この本を読んでいると、意味がないことでも、人に不利益なことをする人間がいるのではないかと
人間不信な考えをしそうになってしまいます。
多分王子のせいです。
この王子は本当に恐ろしい。
その人の反応を見ることのためにひどい行いをするんだけど
自分の手は汚さない。
感情がないんじゃないかと。
およそ人間らしくない。
だから怖い。

車の点検に行ったときに、暇だから読んでいたんですけど。
飲み物をくれるので、アイスティーと最初お願いしたんです。
暑いから一気に飲み干しちゃって、
しばらくしたら、また何を飲むか聞かれたので同じものをとお願いしたんです。
そしたら後味がコーヒーのアイスティーがでてきて。
ただ濃いだけなのか、混ざっているのか?とか
変に疑っちゃって、半分飲んで残してしまいました。
本を読んでいなかったらそこまで疑わなかったと思うんですけど。
こうやって、あたりまえのように飲み物を貰っている自分、疑わない自分というのを考えてしまいました。

そういうことを考えちゃうような話です。

機関車トーマスのキャラクタやエピソードがよくでてくるんですけど、
侮るなかれです。

でも、トーマスとアーサーの話が書いてあるんですけど、
これは伊坂幸太郎が作ったエピソードなのか?と疑う、ちょっと怖いエピソードがあります。
まあ、あたしはそう思ったんですけどね。
つい調べたら本当にあるエピソードでトーマスこええとか思っちゃいました。
でも、小さい子向けの話ってシンプルなわりに、よくよく考えると怖いものもありますよね。
トーマス アーサーで検索するとでてきます。
どういう話なのかというと(本のストーリーにかかわってくるわけではないが、書かれているので伏せときます)

スポンサーサイト



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

伊坂 幸太郎トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

2010'11.17.Wed

オー!ファーザー 伊坂幸太郎



一気に読んでしまいました。
区切りやキリがいいところで休憩してちょこちょこ読むことが多いんですが。
今回のオー!ファーザーは区切りがなかった・・・。

伊坂幸太郎のほうが区切りがいっぱいある本が多いので、そのつもりで夜中に読み始めちゃったのが始まり・・・。
読み終えるまで止められなくて、徹夜してしまいました・・・。

伊坂幸太郎色が強い作品で、多彩なキャラクタがでてきておもしろいです。

この本は、高校生の由紀夫と4人の父親と由紀夫の彼女(?)が事件に巻き込まれるーというか巻き込まれに行くような話しです。

事件が解決するのが最後なんで、それまではちょこちょこいろんなことが起こって解決しないんです・・。
だから止めれない止まらない~って感じで読んじゃったんですよね~。

そんなわけで、伊坂幸太郎好きの人は時間があるときにがっと読んじゃうことをオススメします。


ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

伊坂 幸太郎トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

 |TOPNext
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。