--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2012'03.29.Thu

極北クレイマー 海堂 尊

極北クレイマー

昨日風呂に入りながら、一気に明け方まで読んじゃいました。
んで、今日読み終わりました。

流れがスムーズで、途中でやめられませんでした。


あらすじ
極北市民病院に、極北大学病院からやってきた外科医の今中。
その病院は医師も少なく、経営が傾きかけた病院だった。
そこで起こる、産婦人科医の逮捕、市の破綻。
極北市民病院はどうなるのか・・・

という短いあらすじでご勘弁を。
本屋でみたことあるなぁとは思っていたんですが
続編の極北ラプソディを読んだら、
きちんと終わるのかなあ・・・。
そういう、続きが気になる終わり方で、終わります。
大きなくぎりはつくのですが、
問題解決はしていなくて、続きが気になってしょうがないです。
でも、さっき図書館に予約したら101名待ちだった・・・。
来る前に、もう一度クレイマー読まないと、絶対わからなくなる!

何故クレイマーなのか。
と考えると、世の中を暗く考えてしまいます。

この本には、白鳥の部下の姫宮がでてきます。
あの姫宮だよね?
でも、本の前編だけの登場なんです。
もう少しいてくれたらと、思ってしまいます。

あと、電話口でだけなんですが、ジェネラルルージュの速水先生もいました。
速水先生好きとしては、なんか嬉しい登場です。
北で頑張っているんですね前と同じように。


それにしても、海堂尊さんの書く話って、若干実話もありだと思うのですが、
怖いです。
世は今こうなっているんだなあ、とか、こうなるのかなあ、とか。
医療でも、そのほかでも、知らないことはいっぱいある。
自分が知ろうとしない限りは、存在すらしらないものはおおい。
でも、いろいろと決められてしまっている。
うーん・・・。と考えるしかできません。


関連記事



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

海堂 尊トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。