--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2011'07.10.Sun

なんかすごく悲しいと思った

東日本大震災:お墓にひなんします 南相馬の93歳自殺
「私はお墓にひなんします ごめんなさい」。福島県南相馬市の緊急時避難準備区域に住む93歳の女性が6月下旬、こう書き残し、自宅で自ら命を絶った。東京電力福島第1原発事故のために一時は家族や故郷と離れて暮らすことになり、原発事故の収束を悲観したすえのことだった。遺書には「老人は(避難の)あしでまといになる」ともあった。
東日本大震災:お墓にひなんします 南相馬の93歳自殺/毎日新聞



今自殺者が増えているというニュースをよく見る。
大震災が起こったからだ。

ああ、またなんだなあと、ニュースを軽く見ていたら、
「お墓にひなんします」という字がとびこんできて、
ちょっとうまいこといってるなんて、不謹慎なことを思った。
なので、読んだらすごく悲しくなった。

自分は福島の下の内陸県にいるんだけれど。
それでもすごい地震だった。
でも、福島のひとはそれだけじゃないし。
助かったと思ったら次は放射能。

想像つかない。
体験していない自分には到底理解できないことだ。

将来を悲観して自殺といってしまえばそうなのかもしれないけれど。
もう93歳のおばあちゃんだ。

将来の悲観とはまた違うものもあるんじゃないかと思う。
寂しい思いや
足手まといになるというほうが大きかったんじゃないかと。

でも、身の回りのことができるような人だから、本当に健康で元気な人だったんだろうと思う。
お墓にひなんしますなんて、ちょっとうまいことがかけるんだから聡い人なんだと思う。
べつにうまいこと言おうと思ってないかもしれないけど。
自分にそう思わせるんだから、やっぱ聡い人だと思う。


なんだかなあ。

関係ないけど、GWに祖母がなくなっていて、90を越えていて、ねたきりだった。
いつ死んでもおかしくないくらい。
やっとのこと生きているそんな状態のおばあちゃんだったんだけど。

そのことを思い出す。

ちょっと重ねてしまうのか、
泣きそうだ。

年をとると、環境のちょっとの変化が命取りになる。
家ではとてもみていられない状態で、そんな状態でも見てくれる施設に入るため、
病院を転々とさせられていたんだけど。
ちょっと対応が悪いとだめになる。
わからないんだけど、それでなくなったんだと思う。
温度や湿度から、声かけとか、ちょっとのこと。
ちょっとだけほんの少しだけ、優しく接してもらえていれば、
生きていたんじゃないかと
思うのです。

ま、自分は近くにいなかった人間なんで、なにかいえる立場ではないんですけどね。
帰省したときに顔をみにいくくらいだけだったし。

若かったら多少の変化耐え抜ける。
たとえ体を壊しても、立ち直れる。

そこが全然違う。

前ニュースで、施設に入っていた人たちが移動先で亡くなるというニュースがありましたよね。
移動だけの体力もないし、
たとえよくしてもらえても、その環境に適応するまえに・・・
だから、非難しないという選択をしているところもありますよね。
その選択をする施設職員の人たちはすごく立派だと思う。

日本は技術がある国だと思っていたんだけど。
こういう事態にうまく立ち回れないんで、ちょっとガッカリしました。

避難をしている人たちが3/11以前のような生活に早く戻れることを祈ります。
関連記事



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

日記トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。