--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
web拍手 by FC2

2011'07.20.Wed

百瀬、こっち向いて。 中田 永一

乙一さんが、別名義で本を書いているなんてしらなくて。
最近箱庭図書館がでて、乙一はやっと新刊だしたなあ。
もうずいぶん待ったなあなんて思っていたんですよね。
まさか別名義で出版していたなんて。
なんだか損をした気分です。
何分乙一作品は全て好きですから。

そんなわけで、
中田永一名義の「百瀬、こっち向いて。」という本のことを書きたいところですが

この百瀬、こっち向いて。の話だけのことを書こうと思います。
まだ全部読み終わっていないんだ。
でも、書きたいことがあるので。

これを読んだとき、
なんか読んだことがあるなと冒頭から思った。
人間レベル2のところでそれは確信に変わったわけだけど。
どうして読んだことがあるのかがわからなかった。
だって、乙一さんの別名義ということはまったくしらなかったわけだから。
もちろん、中田永一さんという人の本も初めて読んだハズなのだ。
じゃあどうしてなのか・・・。

と、さっき検索してみたら
この「百瀬、こっち向いて。」
はとある恋愛アンソロジーの中の一編であることがわかった。

恋愛系のアンソロジーなんで、
有川浩めあてで借りた本かなあ~なんて思っていたんだけど
ここで

呼んだらしい。
この本の中で好きな作家さんは1人。

それは
伊坂幸太郎。

ちなみに
石田衣良、市川拓司は知っているがちゃんと読んだことはない。

知らない作家さんは
中村航と中田永一だ。

どうしてこの本を読んだのか。

伊坂幸太郎で検索して伊坂幸太郎の名義があるものは全部借りていたからだと思う。

このILOVEYOUがどんな話だったのかは実は覚えていないのに、
読んだなと思うことができるものなんだなと、
自分に意外な感じがした。
それがちょっと嬉しかったので書きたくなった。
こんなことが嬉しいのかよーだけどね。
知らずに読んでいて、覚えているなんてステキじゃないか。

もしくは印象的だったのかもしれない。
こういってはなんだが、ネガティブらしさが乙一らしい。
このネガティブがなんとなく、自分は共感できる。
どちらかというと乙一さんの書く主人公は、ネガティブな人間が多い。
クラスで目立たない人間にスポットをあてている。
自分もどちらかといえば、いや確実に、そっち側。
人間レベルも多分一桁なんだろーと思う。
でも、友人の人間レベルは必ずしもそうじゃないけど。皆高めだなあと思うが(それはさておき)

主人公は、自分のレベルは2だ。
そういう人間はそういうレベルの人間と付き合うほうがあっている。
と目立たない存在だったが。
昔から仲の良かったお兄さんとその彼女は学校でも有名な人で
レベル的にいうと90以上だろうと。
そんなお兄さんが、別の女の子と歩いているところを目撃してしまったことを、聞いてみると。
実は学校でもそういう噂が流れているらしく、
お兄さんにあるお願いをされる。
それは、その一緒に歩いていた女の子と付き合うというカモフラージュを頼まれたのだ。

というお話。

乙一のホラー以外の話は、主人公は最後にはネガティブから脱していることがおおい。
成長しているんだと思う。
だから好きだ。
似たような雰囲気の話ばかりなんだけど、
そこまでのアプローチは違うから楽しい。
さらっとよめて、共感できて、先を見つめられる話なので好きだ。

でも、中田永一名義は恋愛要素のお話ばかりを書いていくらしい。
百瀬、こっち向いて。の中身もたのしみだが、吉祥寺の朝比奈くんも楽しみだ。
ついつい読んじゃうのを止められないぜ。
関連記事



ブログランキングに登録しています。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

乙一、中田永一トラックバック(0)   コメント(0)
web拍手 by FC2

Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。